平成29年度 二宮高等学校 不祥事ゼロプログラム

 

二宮高等学校は、事故・不祥事の発生をゼロにすることを目的として、次のとおり「不祥事ゼロプログラム」を策定する。

1 実施責任者

二宮高等学校における「不祥事ゼロプログラム」の実施責任者は校長とし、副校長・教頭がこれを補佐する。


2 目標及び行動計画 (グループ名は推進担当)

(1)校務外非行の防止(法令遵守意識の向上)【必須事項】(管理職)

目標:

職員の後期保持と服務規律の確保に努め、公務員として絶対に不祥事を起こさないという法令順守の意識と高い倫理観をもって職務に取り組む。

行動計画:

(2)わいせつ・セクハラ行為の防止【必須事項】(管理職)

目標:

人権及び男女共同参画等を踏まえ、セクハラ・わいせつ行為を未然に防止する。

行動計画:

(3)体罰、不適切な指導の防止【必須事項(県立学校)】(生徒支援グループ)

目標:

生徒の人権を尊重し、「体罰防止ガイドライン」を遵守し、体罰・不適切指導を防止する。

行動計画:

(4)成績処理及び進路関係書類の作成及び取扱いに係る事故防止【必須事項】(情報管理グループ・進路支援グループ・学習支援グループ)

目標:

成績処理や調査書作成等での事故やミスが起こらないよう複数チェック体制を構築するとと もに、点検する自覚を持つ。

行動計画:

(5)個人情報等の管理、情報セキュリティ対策(パスワードの設定、誤廃棄防止)(情報管理グループ)

目標:

個人情報の取り扱いについて最新の注意をはらうとともに、その流出を未然に防止する。

行動計画:

(6)交通事故防止、酒酔い・酒気帯び運転防止、交通法規の遵守(生活指導グループ)

目標:

教育公務員としての自覚を持ち、交通法規を遵守する。

行動計画:

(7)業務執行体制の確保等(情報共有、相互チェック体制、業務協力体制)(管理職)

目標:

職員がお互いに積極的にコミュニケーションを図れる風通しのよい職場作りを行う。

行動計画:

(8)会計事務等の適正執行(学校管理グループ)

目標:

様式等を見直すとともに、経理に関する不適切な事務処理を防止する。

行動計画:

(9)入学者選抜に係る事故防止(入選ワーキンググループ・管理職)

目標:

入学者選抜業務に係るマニュアルや点検体制を整備し、不祥事防止を徹底する。

行動計画:

3 検証

本年度は10月に中間評価を行い必要に応じて執行体制の見直しを行う。併せて、3月に本年度の各目標達成についての自己評価を行い、 その結果を次年度のゼロプログラム策定に向けて生かす。